1. トップ
  2. コラム
  3. デリヘル利用時の一連の流れとは

デリヘル利用時の一連の流れとは

初めて利用するときの心得

風俗が充実している日本でも、特に多い店舗数を誇るデリヘルは利用しやすさが魅力です。
歓楽街がない、風俗店が出店でいないような住宅街にエリアを広げているところもあり、場所に捉われず利用しやすいです。
ですが、デリヘルの場合一般的な風俗店と違い固定の実店舗が存在しません。
お店に入りさえすれば、あとはスタッフがもろもろ案内してくれますが
それがないデリヘルはあらかじめある程度の流れを自分で知っておくことが大切です。
初めて利用するときのための心得、押さえておきましょう。

まず最初にすることは

第一段階はいくつかの選択肢から選べますが、近年特にポピュラーとなっているのは
ホームページや風俗サイトを見ることです。
サイト上には、デリヘル嬢の一覧やお店の連絡先などが書かれています。
そしてそこで好みの女の子を探してお店に連絡しデリバリーしてもらうという形です。
このとき注意したいのは、お店や女の子システムによって料金が違ってくること。
相場はだいたい60分15,000円前後といったところですが、さらに安いところや飛び抜けて高級なお店なども存在します。
より好みの女の子に相手してもらえる、サービスが充実しているといった場合でも
やはり予算に見合わない場合は生活をも苦しめることとなってしまうでしょう。
それでは本末転倒なので無理のない範囲で選ぶことが大切です。

また、オプションも重要です。
オプションとは、基本のヘルスメニューに加えてプラスアルファのプレイが受けられるというものです。
主にはコスプレや大人のおもちゃ、フェチプレイ、AFなどが代表的です。
オプションのつけ方次第では、利用料が二倍以上になる場合もあります。
この点もまた予算と照らし合わせながら検討するべきです。

呼び方のポイント

さて、デリヘルを始めて利用するときに気になるのが呼び方かと思われます。
他の風俗を利用した経験があってもなお、デリバリーするというのは他でほとんど見られない形式です。
一体、どのように呼ぶのでしょうか。
まず場所としては自宅かホテルが一般的です。
また近年は、自宅デリバリーが制限されているところも多く
ホテルへのデリバリーを推奨しているお店が多い点も特徴的です。
自宅なら呼んだのちそのまま待っているだけで問題ありませんが、ホテルの場合は少し注意しなくてはなりません。
たとえば、ホテル入りは、呼んでから到着するまでの時間を考慮するべきであったり
ホテル代節約のため先にデリバリーを依頼してプレイ開始ギリギリでホテルに入るとき満室となっていることがある点です。
こうしたことがないよう、少し余裕を持ってホテルに入っておくことが大切です。
確実なのは、デリヘル側が推奨している提携ホテルを利用する方法でしょう。
デリヘル利用者に合ったシステムで対応してくれることが多いので無駄なくスムーズに利用できます。